プロフィール

新宮ナオキ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
北京その②
朝6時起床。
バイキング行く。
ちょっと肉とか飲茶とか食べてみるものの、サラダとドライフルーツ入りコーンフレークをメインに終了。


この日の北京にはもやが。
前日みたいに晴れる日の方が少ないんだって。
ゆえに寒い。

まずは盧溝橋へ。
盧溝橋事件って歴史でやったと思うけど。
日中戦争の発端になった場所で、マルコポーロが「世界一美しい橋」って絶賛した場所。らしい。
世界一美しいかどうかは分からないけど、とにかく橋の欄干には無数の獅子の石像が。
845匹いるらしいんだけど、全部作りが違うんだって。
なんか近所の人が犬の散歩とかさせてて、うんこが転がってるイメージなんだけど。
8.jpg
盧溝橋のそば。
木の上のもしゃっとしたのは鳥の巣。
9.jpg
橋からの景色。






次は北京原人発掘の場所。
ここも流れるように館内見るだけ!
ツアーだから仕方ないか・・・。でかい北京原人の顔だけのモニュメントとかあったんだけど、撮りそびれた。


昼食前に国営のシルク工場&専門店へ。
布団買ってる人いたわー。笑

昼食は中華の中で一番辛いとされる四川料理!
麻婆豆腐がちょっと辛かったくらいで、他はどうってことない。
と思ったら、添乗員さんが少し辛さを弱くしといてってレストランの方に言ってあったみたい。
別にいいのにー!本場の辛さを体験してみたかった。


午後は北京動物園!
といっても与えられた時間は30分・・・本気で館内全部見ようと思ったら1日じゃ足りない場所なのに!?
パンダを見せるためだけのプランみたい。
ちょwwどんだけwww
パンダの連中はやる気ないし・・・(写真参照)いや、まともな写真もあるよ。笑
11.jpg
うごかない…ただのしかばねのようだ。





その後は歴史上一番残酷な悪女、西太后の離宮・イ和園へ。
皇帝の側室だった西太后は、正室の東太后の両手両足を切り取ってそのままにしてたりしたんだって。残酷・・・。
園の規模がこれまた半端ない!
日本じゃ見られない光景だよー。
で、寒い寒いと思ってたら、湖凍ってんの。笑
寒いはずだよ・・・。
12.jpg
悪女の住処。





その後は北京市内を一望できる景山公園へ。
丁度夕日が出ててすごく綺麗だったー!
もやさえなければ市内がもっと綺麗に見えたのに・・・。


その後、国営の茶専門店へ連れて行かれる。
お茶が小さい缶1つで100元!(1500円)高い・・・!
16.jpg
このお茶、最初は鞠みたいなんだけどお湯を注いで暫くすると花が開くの!
すごく綺麗。







で、この日の夕食が羊のしゃぶしゃぶでした。
なんか、これ書いてるだけで思い出すから嫌なんだけど・・・。
タレがすごく濃かった。飽きる。
この夕食が後々の悲劇に。




この日は北京に留学中の姉ちゃんがホテルに来ました。
中国の荒波に揉まれて逞しくなった彼女は、値切りの名人になっていました。(・・・)
25元の品物を16元まで値切らせてお店の人を泣かせたらしい。笑
品物の合計が48元で、お店の人に「まけたんだから50元払ってよ。2元くらいいいじゃない。」と言われて「2元くらいっていうなら、そっちが2元まけろ。」って言ったり。
強くなったなあ・・・あんまり見習いたくないけど。

姉ちゃんと話してる最中に、どんどん気持ち悪くなってくる。
食べすぎ?と思って無視してたけど、体調は悪化するばかり。


で、とうとう










  リ  バ  ー  ス  (´∀`) 








全部。

あ、お食事中の方、すいません。





その後はひたすら朝まで苦しんでました。
これも思い出・・・・。
スポンサーサイト
【2006/12/07 00:17】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<北京その③ | HOME | 北京その①>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hybriddiary.blog15.fc2.com/tb.php/136-5bebdf8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。